近所の司法書士の事務所から出てきた知人の話
火曜日 15 4月 2014 @ 5:00 pm
私の家の近所にはずっと昔からある司法書士の事務所があります。平日休みの日などに前を通ってみると、法律関係の事務所にしては珍しく頻繁に人が出入りしているのを見かけますので、わりと腕の立つ司法書士なのだろうなと思っていました。そんなある日、その時も平日休みだったのですがたまたまその近所の司法書士事務所前を通り過ぎようとしていると、仕事関係で一時期だけお世話になっていた知人が出てきました。久しぶりに再開したのですが、なにせ場所が場所ですからその時はなんて声をかけようかと迷ってしまったものです。

司法書士 郡山

こっちが困惑していると、相手の方から話しかけてきて、その結果身の上話を聞くことになってしまいました。今、その知人は起業をしようとしているということ。しかし、その起業においては自分は法律に関しての知識が不十分なために、専門家に頼らなければいけないということ。それゆえに、司法書士に起業に関する様々な法的手続きを行ってもらうようにしたそうです。

申立供託 : 知的財産ホームページ

法律と言えば弁護士と最初は思ったそうなのですが、相談料だけでもかなりの額を取られてしまいますし、実際に様々な手続き代行などを行ってもらおうとするとさらに費用がかかるとのことでした。その点、司法書士であれば簡単な相談であれば無料でしてくれることや、会社の立ち上げ段階から実際に会社が稼働する際に至っても継続して法的なサポートを依頼することもできるので、司法書士に頼ることになったのだそうです。

大型倒産速報 | 帝国データバンク[TDB]

私としてはその知人が起業をすることも大きな驚きでしたが、司法書士がそんな仕事をしていたというのにも驚きでした。もし私も起業するなら、司法書士を頼ってみようかと思います。
Comments (0) - Posted in by  




コメントを残す